スラリン
Posted,  By スラリン
ツールの階ワークスの階WEBの階

グーグルアナリティクスとサーチコンソールを絡めたワードプレスでのブログ運用

こんばんは、川崎です。

今回のブログはワードプレスでブログを運用し、グーグルアナリティクスとサーチコンソールを使ってアクセスを解析してみました。

目次
1. ブログを始めた経緯
2. ルール
3. ブログ拡散
3-1. ブログランキング
3-2. Twitter
4. アナリティクス考察
4-1. アクセス解析
4-2. 1年分
4-3. POINT.1 4月下旬
4-4. POINT.1 9月下旬
5. サーチコンソール考察
6. 11月の数字と全体の考察
7. 最後に

1.ブログを始めた経緯

2017年の11月ぐらいからPS4の「マインクラフト」をプレイし始めました。

マインクラフトとは

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『Minecraft』(マインクラフト)は、Notch(マルクス・ペルソン)と彼が設立した会社・Mojang ABの社員が開発したサンドボックスゲームである。サバイバル生活を楽しんだり、自由にブロックを配置し建築等を楽しむことができるコンピュータゲームである。日本では一般的に「マイクラ」と略される。
2018年初頭の時点で、全てのプラットフォームでの販売が累計1億4400万本を突破した。

自由度が高すぎて何をしていいか分からなくなり途中でめんどくさくなって、続かないと思いました。
長続きするにはどうすればいいのだろうと考えた結果、マイクラで作ったものをブログに上げて他の人から評価してもらうとやる気が出て続くのではないかという結論に至りました。

そして、ワードプレスは自作で作るばかりなのでテーマを使ってみたいというのもありワードプレスでブログを始めることとなりました。

 

2.ルール

ブログを書くにあたり自分の中でマイルールを設定しました。
【週3回ブログを更新する。】
今までいくつかブログを書いてきましたが長続きせず、数回投稿しては長期間放置を繰り返していました。
それだけは防ぎたいので3か月ぐらいは内容が薄くても必ず投稿し投稿する癖をつけることにしました。
そして、ワードプレス内の予約投稿を用い決まった時間に投稿し、記事のストックを作り余裕をもって記事を作成できるようにしました。

3.ブログ拡散

ワードプレスの「stinger8」というテーマを使い、ブログを構築しました。
アメブロやFC2ブログ、はてなブログという無料ブログツールを使っていないので多少集客に不利があります。
上記ブログサービスはブログのカテゴリやプロフィールを設定して同じブログ内で検索出来たり新規投稿がカテゴリ内で表示されたり初めてブログを作るにはやり易いし流入も期待できます。

3-1.ブログランキングに登録

施策その1:ブログランキングに登録。
ブログ内にリンクを張りそのリンクからブログランキングに流入したポイントを競い、ランクを付ける。というサイトです。

マインクラフトカテゴリのランクです。
https://blog.with2.net/rank3382-0.html

週間IN: 1週間のうちブログからランキングに来たポイント
週間OUT: 1週間のうちランキングからブログに飛んだポイント
月間IN: 月にブログからランキングに来たポイント

※詳しい説明は割愛しますが1つのカテゴリに登録している場合1クリックで10ポイント入るので実質的な数字は10分の1です。

 

マイクラのランキング1位のブログは週間OUT「2350」なので
1週間に235人の方がランキングからブログに流入いている計算になります。

ちなみに総合ランキング(全ブログのランキング)計1,306,482件の1位は

週間IN: 11800
週間OUT: 717730

7万1773人がランキングからブログに流入しています。
(゚A゚;)ゴクリ

ランキングに登録すると定期的な流入が期待できますし、新規投稿をした際、更新情報をランキング側に送信すれば、最新記事一覧の上位にブログが掲載されます。

じゃあ登録数の多いカテゴリにすればいいと思うのですが、投稿数が多く最新記事に載ったとしても次々と他の最新記事が投稿されるため埋もれがちになります。書きたいブログのカテゴリによって左右されるし、内容が伴えば流入も期待できるのであまり重要じゃないかもしれません。

3-2.ツイッターで発信

施策その2:ツイッターで発信

近年手軽に情報を収集したり、発信する場としてツイッターが広まってきています。
私も最近、ドラマの下町ロケットで「岡山でイベントがある」という話になったのでどこがロケ地になったのかなと調べてみるとロケ地は別のところだというつぶやきが・・・・
リアルタイムで情報が入ってくるのでとても便利です。(あくまで個人のつぶやきなので真偽は定かではない)

ブログを投稿したときに更新をお知らせするようにしました。
月・水・金曜日の18:00に予約投稿で投稿されます。
そのURLをつぶやくだけです。
もちろんフォロワーさんがいないとどうしようもないのでマインクラフト関係のアカウントを手あたり次第フォローしていきます。

4.アナリティクス考察

前置きが長くなってしまいましたがようやくアクセス解析に入っていきたいと思います。

グーグルアナリティクスとは

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Google Analytics(グーグルアナリティクス)は、Googleが無料で提供するWebページのアクセス解析サービス。
元々はGoogleが2005年に買収した、米国のWeb解析ソリューションプロバイダー・Urchin社の技術を利用している
サイト訪問者の動向を把握することで、訪問者の欲求を知り、サイト内の人気ページや不人気ページ、問題のあるページを知り、サイトを改善することで訪問者の満足を高め、訪問者数を伸ばす。商用サイトであれば業務に寄与し、アフィリエイトサイトであれば収益を伸ばす
検索サイトでの上位表示を得るためのツールとする(=SEO対策)
Google Ad Plannerと連携させ、Ad Planner内でAnalysticsの実測データを公開することで、広告主に対し広告出稿に際する検討用により正確なデータを提供できる

 

4-1.アクセス考察

アクセスを計測し始めて1か月分の集客データです。


クリックで大きい画像が表示されます。

 

Referral:27
Referralは固定されたリンクからの経路であることを示しています。ブログランキングに登録しているのでブログランキングからの流入です。
クリックすることで詳しい流入アドレスが表示されます。
Direct:7
URLを直接入力
・ブックマーク、お気に入り、閲覧履歴からアクセス。
・メールソフトなどからのアクセス。
お気に入りに登録されてたらうれしいですね
と思ったのですが、調べてみると記事のプレビューしたときのアクセスでした・・・
Social:3
TwitterやFacebook、mixiなどソーシャルメディアからの経路を指します。

次はユーザーの情報を見ていきます。


クリックで大きい画像が表示されます。

 

ユーザー: 34(サイトに訪れた人の数)
新規ユーザー: 34(初めてサイトに訪れた人の数)
ページビュー数: 271(ページが表示された数)
直帰率: 43.24%(サイトに訪れてサイト内を閲覧せずセッションが切れた数)

集客した34人の情報です。
34人が3.26回訪問し、2.44ページを閲覧しています。
平均滞在時間は2分42秒で14人がページ内移動せずそのまま帰っています。

アクセス解析を言葉にしてみるとこのような感じになります。

4-2.1年分の情報


クリックで大きい画像が表示されます。

 

4-3.POINT.1 4月下旬

3~5月のグラフ


クリックで大きい画像が表示されます。

12~6月の流入内訳

  12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月
Referral 17 33 40 46 46 60 64
Direct 2 10 18 22 138 201 215
Organic Search     9 55 103 242 247
Social 1 4 3 1   1 4

グラフでは細かい動きは分かりませんが数値で見てみると「Organic Search」いわゆる検索からの流入が3月から5月にかけて急に増えだしました。
おそらくグーグルにインデックスされ検索結果に反映されるようになってきたのではないかと推測されます。検索に引っかかるようにするには最低でも3か月はかかるみたいです。
と同時に「Direct」の数も増えているので繰り返し、訪問してきてくれる方も増えています。
「Referral」はブログランキングに毎回必ず更新情報を送っているので安定した流入が見込まれます。
「Social」はフォロワーがほとんどいないので期待できませんでした。

4-4.POINT.2 9月下旬


クリックで大きい画像が表示されます。

12~6月の流入内訳

  8月 9月 10月
Referral 71 80 115
Direct 371 506 518
Organic Search 763 1611 2167
Social   9 6

 9月のアクセス数が爆発的に伸びました。それまでは1日のユーザー数が100人いきませんでしたが100人を超す日が増えてきました。
原因は9月中旬にマイクラの大型アップデートがリリースされ新要素が数多く登場しました。
私もこの時新要素の記事を翌日アップしました。矢印の日付がその記事をアップした翌日なのですがそこから数字が伸びていってます。

9月の検索ワード


クリックで大きい画像が表示されます。

9月の検索ワードを調べたところ、「not provided」だらけ・・・

not providedとは検索エンジンがユーザーの検索キーワードをアナリティクスに提供しなかった場合に表示されるもの。現在利用されている検索エンジンの大半を占めるGoogleとYahoo!は、セキュリティ強化のために「SSL」という通信を暗号化する仕組みを利用しています。そのため、ユーザーの検索キーワードも暗号化されてしまい「not provided」と表示されるようになっているのです。

らしいです。

5. サーチコンソール考察

not providedの値を調べるには「グーグルサーチコンソール」を使います。

グーグルサーチコンソールとはGoogle 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる無料サービスのこと


クリックで大きい画像が表示されます。

9月の「not provided」の数が1527でサーチコンソールでの数値が1134となっています。
収集する仕様が異なるらしいので一致しないことがあるそうです。

検索キーワード


クリックで大きい画像が表示されます。

アップデート要素が検索上位に来るかと思ったのですが、入ったのは「マイクラ 突き刺し エンチャント」だけとなりました。
1134件中1位が52件なので1000種類以上のキーワードで流入してきたと分かります。

サーチコンソールは多機能でいろんなことが出来ますが主な機能を抜粋してご紹介します。

  • 自分のWebページが検索結果画面に表示されたキーワードがわかる「検索クエリ」
  • クローラーが取得することが出来なかったページを表示する「クロールエラー」
  • インデックスを依頼できる「Fetch as Google」
  • ペナルティを確認できる「手動による対策」
  • Webサイトの構造を把握する「サイトマップ」

詳しく説明するとものすごく時間が掛かるので気になった方はググってください。

6. 11月の数字と全体の考察


クリックで大きい画像が表示されます。

ユーザー数が3000を突破しそのうち200がリピーターとなります。
それに伴いセッション・ページビューが今のところ右肩上がりで伸びていってます。
最近は100以上150未満で停滞気味です。
1万ページビュー以下なのでまだまだ初心者を脱したブログ程度となります。
目標として月間1万ページビューは到達したいです。

1年間運営をしてきて検索にも引っかかるようになりブログを見て頂く機会は増えてきました。
しかし、問題点も見えてきました。

〇直帰率の悪化
ページビューと反比例して直帰率が下がってきました。
検索でこのブログにたどり着き目的の内容があった、なかったにかかわらず「他のページを見たい」という思いを閲覧者に訴求しないといけません。
ここで重要なのは記事の内容はもちろん重要ですがページ内リンクも有効です。記事に関連するページや似たようなテーマの記事などを本文に入れることでページ内を巡回させる確立を増やすと思います。SEO的にも内部リンクはすごく重要なので記事が増えた今、積極的に取り入れることが重要だと思います。

デバイス


クリックで大きい画像が表示されます。

最後に、このブログを見てるデバイス比率です。
PCからのアクセスが34%
スマホ・タブレットからのアクセスが76%

スマホ・タブレットからのアクセス比率が多くなってきてます。
これからのサイトはスマホ・タブレットを意識したサイト作りが重要だと感じます。
しかし、直帰率がPCからのアクセスが良いです。
スマホだと手軽にアクセスできる分直ぐ次のサイトに移る傾向があると思います。
PCだと内容をじっくり見たい人が閲覧してるのではないでしょうか?
なので情報系や企業系のサイトはまだPCでしっかり情報を掲載し、スマホではお知らせなど企業が発信したい情報を載せたり簡単に読むことができるサイトつくりを心がければよいのではないかと思います。

7. 最後に

今回は専門的な記事を載せてみました。
まとめながら感じたことは、世の中にツールはたくさんあり気軽に、無料で使えるようになってきました。
使うと使わないじゃ結果が違うし、使ったとしても1部しか使っていなければ宝の持ち腐れとなります。
サイトもそうですが、手軽に量産できるサイトはそれなりの評価しか受けません。
しっかりと考えられたサイトはそれなりの評価を受けると思います。
そして、いくら見た目がきれいなサイトを作ってもサイトを運営する人によって大きく左右されます。
テンプレートの記事を量産するだけではいくら検索の順位が上がったとしてもサイトを閲覧している人が有益なサイトと判断しない限り目的は達成できない気がします。
今一度サイトを作る意味から考え、「ディレクター」「デザイナー」「コーダー」「クライアント」「運営者」「閲覧者」関わる全ての人が団結して取り組まないといけないと感じます。それには衝突があってもよいと思います。結局は良いものを作るという目的が一致していれば良い方向に向かうと思います。あとは反省、検証し次のサイトは今のサイトよりもっと良いものを作り出すという気気持ちで取り組んでいきたいと思います。

ものすごく長くなってしまいました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事はいかがでしたか?
  • 超いいね! (2)
  • いいね! (0)
  • そだねー (0)
このブログを書いたヒト
スラリン
Webソリューション部
Webソリューション部でコーディングを担当してます、オールドルーキー川崎です。
趣味はメインで釣り。その他、野球、ゲーム、ガンプラ、ミニ四駆、
ジョギング(熊本城マラソン途中棄権)等々、広く浅くついばんでいます。
CMSやECサイトの経験は浅いですが勉強して皆さんのお役に立ちたいです。
そして、本職ではコーディング技術を突き詰め、
お客様に喜ばれるホームページを作っていきたいと思います。
ツールの階ワークスの階WEBの階